弁護士費用
  •   弁護士費用
  •   着手金・報酬金
  •   法律扶助制度とは
  • 着手金・報酬金

    【債務整理・自己破産の場合】

      着手金 報酬金
    自己破産 事案が簡易な破産の場合
    20〜30万円+消費税
    事案が困難な破産の場合
    30万円以上(協議によって決める)
     
    任意整理 1社あたり2万円5千円+消費税 減額した金額×15%×1.05
    (但、1社当り最低2万円)+消費税
    個人再生 20万円+消費税 20万円+消費税

    【離婚の場合】

      着手金 報酬金
    交渉・調停事件 30万円+消費税 同額程度または経済的利益による
    訴訟事件 30万円+消費税 同額程度または経済的利益による

    【民事訴訟・調停・交渉の場合】

      着手金 報酬金
    期待できる経済的利益が
    300万円以下の場合
    経済的利益×8%+消費税
    (最低20万円+消費税)
    経済的利益×16%+消費税
    期待できる経済的利益が
    300万円〜3000万円の場合
    (経済的利益×5%+9万円)
    +消費税
    (経済的利益×10%+18万円)
    +消費税
    期待できる経済利益が
    3000万円以上の場合
    (経済的利益×3%+69万円)
    +消費税
    (経済的利益×6%+138万円)
    +消費税

    【刑事・少年事件の場合】

      着手金 報酬金
    事実簡明な事件
    (事実関係に争いが無く、 主として情状酌量を求める事件)
    25万円+消費税 25万円+消費税
    それ以外の重大な事件・否認事件 事案に応じて協議する 事案に応じて協議する